マーケティングプラン

営業戦略を立てるために市場動向を探りたい

マーケティングウェアでは、調査項目数・難易度・顧客との接触度・その他目的によって、電話調査だけでなく、郵送(FAX)、面談調査にもテレマーケティングを活用して、高い回収率と質をキープすることが可能ですが、基本的には電話によってほとんどの領域をカバーできると考えております。マーケティングウェアのテレマーケティングは、レベルの高いテレコミュニケータによって、これまで一般的に考えられていた以上の質と奥の深い電話調査が実施できます。

比較表

マーケティングウェアなら

顧客のデータメンテナンスがしたい

顧客データを新たな受注獲得のため、またマーケットの現状を正しく把握するための
戦略的データベースとするため、テレマーケティングでメンテナンスをします。

データメンテナンス

担当の営業マンの頭の中には、個々の顧客情報は蓄積されているものですが、それらを無理やり利用しようとして統合して、データベースを構築しようとしても、どうしてもムラのあるデータしか構築できず、さらに時間とコストも意外とかかり、最悪の場合、活用できずに終わります。

マーケティングウェアのテレマーケティングによって、営業マンレベルの顧客情報を画一的・定期的に収集し、逆に営業マンにその情報を与えることにより効率的かつ意欲的な戦略部門と営業部門の連携プレーが実現します。

ターゲット企業のキーマン情報を収集したい

商品やターゲット企業の属性に応じたテレマーケティングを実施することにより、
キーマンを明確にするだけでなく、その後のセールスにも好影響を与えます。

キーマン情報

企業データをいくら収集しても、売り込みたい商品に応じたキーマンを把握していないと意味がないことは、もはや常識です。マーケティングウェアでは、キーマン確認という課題であっても、商品やターゲット企業の属性等に応じてトークスクリプトをオーダーメイドで作成します。

より高い確率でキーマンを明確にし、その後の販売活動に役立つ情報をよりよいコミュニケーションで獲得し、またより強いインパクトで商品イメージを高めることまでを考えテレマーケティングを設計します。

郵送調査の回収率を確保したい

郵送調査の前後にテレマーケティングを活用するだけでなく、電話調査とのハイブリッド等、
目標やご予算に応じてコーディネートが可能です。

回収率

郵送調査は、回答者本人が直筆で回答するものとしては、面談調査と比較して、コスト・期間の面で非常に有利である反面、電話調査や面談調査と違い、いつ返ってくるのかわからない、どのくらい返ってくるのかわからない等の弱点があります。

マーケティングウェアは質の高いコミュニケーションによる事前・事後フォローによって回収率を高めるだけでなく、これまでの実績から回収率の予測や、それに向けての施策提案まで行います。また、電話調査とのハイブリッドも可能です。

お客様の満足度を調査したい

テレマーケティングを活用することにより、効率よく対象の商品の満足度を把握できるだけでなく、
その企業の現状の課題や他部署・他商品への横展開の可能性までも把握します。

お客様満足度

満足度調査は、コスト面や営業担当者の顧客接触度の向上のために、営業担当者が調査票を配布・回収するのが一般的です。しかし、回収に日数がかかりすぎたりばらついたり、営業担当者に対する不満がでにくいなどのウィークポイントがあります。テレマーケティングによる満足度調査は、営業担当者を通すことなくユーザ担当者と直接対話するため、効率よく真の意見を把握できます。

マーケティングウェア独自のBtoBアウトバウンドテレマーケティングのノウハウを活用し、調査のための調査に終わらないデータ構築を実現します。

期間契約の更新率を上げたい

的確な時期に、的確な内容を訴求します。

期間契約

保守やコンサルティング契約等の期間契約において契約企業が契約を更新しない理由はある程度予測できるため、的確な時期にテレマーケティングを実施し、契約更新率を確保する必要があります。

マーケティングウェアでは、

  • 考えられる非更新理由とそれらに対して効果的な訴求ポイントをまとめる
  • 更新目標数を決定する
  • 目標対話者を決定する
    (情報システム部門、営業部門、企画部門、生産部門 等どのような部門のどのような役割の方と対話するか)
  • 対応策に基づき、また今後の更新率向上のための情報収集を含めて、 目標対話者を想定したトークスクリプトとFAQを作成する

などの調査の実施により、契約更新率を向上させるためのヒアリングを行います。

自社製品の販売店・代理店を開拓したい

販売店・代理店の開拓を行うために、経営者と営業責任者にアプローチします。

販売店・代理店

販売店・代理店業においては、今後の方針や取引商品の決定権は、当然のことながら経営者クラスにありますが、ユーザの声を把握し、今後扱うべき商品やメーカについての情報や考えを持っているのは営業責任者であるため、両方に対するヒアリングが必要です。

マーケティングウェアのテレマーケティングを活用をすることで、販売店・代理店開拓の基礎データをスピーディーに構築することが可能です。

 マーケティングプランに関するご相談はこちら

ISMSマーク

プライバシーマーク


SSLとは?

Page Top